合同会社NextOne 大根一晃

f:id:syacyou:20191217035035j:plain

 

IT企業も地方で起業することができるような時代となっており、人口減などの過疎に悩み、財源で苦しむ地方都市からすると大変ありがたい存在です。千葉県の中でも財政がとても苦しい銚子市においてIT企業である合同会社NextOneを立ち上げたのが代表を務める大根一晃さんです。1978年生まれ、41歳の大根一晃さんは千葉県銚子市の出身です。専門学校を卒業後、20年近くデザイン関係の会社で働いていた大根さん、地元銚子に戻り、地元のIT企業で働いたのち、独立を果たします。高校時代同じ剣道部に属し、前職が建築関係のデザインなどを行っていた同級生と一緒に立ち上げること。銚子市にホームページ制作の会社が少なかったことも後押しにつながったようです。


3人で切り盛りをする大根さん、3人では限界があるため、銚子市やその周辺に住むクリエイターと共同で作業を行っており、足りないところはカバーできている状況です。銚子市ではあまりホームページ制作などに明るい人が少ないため、見積もりを出すとその値段に驚かれることもあるようですが、大根さんは細かなところまで説明を行い、対応を行っています。現状は広告宣伝にお金を使わず、口コミで広がっているような状況です。これはひっそりと続けていくという思惑があるためです。


銚子市は人口減少などが進み、危機的な状況を迎えていますが、それでも需要はあると考える大根さん。その需要に対する供給がほとんど追いついていないことから、まずはその需要に全力で応えてから次のフェーズに進むことを考えています。銚子市は高速道路を使っても結構な時間がかかり、電車でもなかなかな距離、時間が必要です。そのため、物理的なデメリットも多くみられる一方、お客さんとの距離が近く、近い距離で話し合いができるというのも魅力の1つです。地元の青年会議所に所属し、地元とも近い距離間で仕事をしているのもポイントです。


大根さんの年収ですが、大手企業の会社員ぐらいにもらっているという感じではなく、現状では1000万円を超えないような状態で仕事をしている可能性が高いです。しかし、活動が全体的に評価されるようになれば、流れは大きく変わることが考えられるので、これからの頑張り次第と言えそうです。銚子の状況が好転するような奇跡、ムーブメントを巻き起こすことができるのか、そこまでできるようになれば、相当な貢献ぶりでしょう。