菊川怜の夫、穐田誉輝の経歴を解説!カカクコム社長、年齢や資産などご紹介

https://morisite.com/wp-content/uploads/2017/04/akitayositeru.jpg

住宅購入や賃貸などの情報提供を行う事業を展開する株式会社オウチーノ、そして、結婚式場に関する口コミサイトを展開するみんなのウェディング、この2つの企業は2018年に経営統合をされ、持ち株会社である株式会社くふうカンパニーが設立されました。この株式会社くふうカンパニーで過半数以上の株式を持ち、取締役会長として支えているのが穐田誉輝さんです。

1969年4月29日生まれ、51歳を迎える穐田誉輝さんは千葉県の出身です。海外の高校に通っていたという穐田誉輝さん、1993年に青山学院大学経済学部を卒業すると、日本合同ファイナンス株式会社、現在の株式会社ジャフコに入ります。当時はベンチャーキャピタルの大手であり、穐田誉輝さんはベンチャー企業への投資や市場調査などの仕事に従事します。ジャフコに入社して直後、穐田誉輝さんは同期の中では一番早く投資案件を成立させます。

どれだけ投資案件を成立させるか、これがジャフコでの評価軸になったため、この結果は社内で評価されることになりますが、その後、経営者が詐欺師だったことが発覚、結果的に半年で倒産の憂き目に遭い、いきなり穐田誉輝さんは辛酸を舐めます。ただ、この時の経験などにより、投資家としての力をつけていったことが考えられます。
その後、1996年ジャック株式会社、現在の株式会社カーチスホールディングスに転職し、ダイレクトマーケティングの責任者として携わります。中古車販売を手かげていた当時のジャック株式会社、まだ一般にはそこまで普及していなかったインターネットを活用し、インターネットでの流通のシステムを作り上げていきます。結果的にジャック株式会社、株式の店頭公開に成功します。

それを見届けるように、穐田誉輝さんは会社を退職し、自らベンチャーキャピタルである株式会社アイシーピーを設立します。ベンチャーキャピタルで仕事を行い、事業の経験を重ね、最終的には上場にこぎ着けた経験を持つ人物はこの当時そこまで多くなかったこともあり、ファンド運用などの話があった中、ジャフコ時代の先輩が転職する話を聞きつけ、一緒にアイシーピーを作り上げることになります。
アイシーピーではベンチャーキャピタルとして取り組みますが、ここで大きな出会いがありました。それがカカクコムです。価格.comなどを運営するサイトで、物やサービスの最安値についてランキングにしているサイトです。穐田誉輝さんは、ベンチャーキャピタルとして支援をするなら理想的なところだと確信し、カカクコムのサービスは多くの人に受け入れられるという自信を持ち、投資を行います。とはいえ、当時のアイシーピーのファンドとしての枠のうち、2割以上をカカクコムに投資するのは本当に大丈夫かという議論になったため、穐田誉輝さんが代表取締役社長としてカカクコムに入り、コントロールを行うことになります。

収益源を増やすことやカカクコムで働く人材をより立派なものにすること、これを強化させていくことで、人はたくさんくるけど収益は不安定という状態を脱却することに成功します。2000年に経営に参加、2001年には代表取締役社長、2003年に東証マザーズへの上場、2005年には東証一部への指定替えを経験するなど、カカクコムを一躍有名企業、大企業へと成長させます。
結局カカクコムの社長は2006年まで務め、その後、取締役相談役に退いた穐田誉輝さん、次に目をつけたのはクックパッドでした。

クックパッドとの出会いは意外と古く、アイシーピーを立ち上げた時から個人的な出資を行っていました。株主でありながら社外取締役も務めるという具合に距離感を詰め、2012年に代表執行役に就任し、クックパッド社長として存在感を発揮します。社長としての人気はだいたい4~5年と考えていたという穐田誉輝さん、結果的に2016年代表執行役を退くなど、社長としてのあるべき姿をしっかりと見せる結果になりました。

その後、穐田誉輝さんはクックパッド社長時代から投資を行っていたみんなのウェディングの株式公開買付け、TOBを実施して過半数の株式を取得して筆頭株主になると、その後、株式会社オウチーノとの経営統合を実施し、株式会社くふうカンパニーが誕生します。役員報酬などの情報は今のところまだ出ていませんが、最大5億円までの報酬限度額に設定するなど、それなりの報酬になる可能性が秘めていることを示しています。

くふうカンパニーの株式を1000万株ほど手にしている穐田誉輝さん、1株あたり1200円程度であるため、総資産だけで100億円を超えています。現状ではまだ配当が発生していませんが、1円でも発生すれば、1000万円の役員報酬がもらえます。10円になれば1億円と大変夢のある状況であることは間違いなく、今後に注目が集まります。
ちなみに穐田誉輝さんが保有している株式の中で大量保有報告書を提出したことがあるのは複数存在し、就職困難者の就労サービスを展開する株式会社LITALICOでも、170万株の株を保有し、時価総額だけで10億円を突破しています。

穐田誉輝さんの投資におけるスタンスは一貫しており、働く株主になることを心がけているのだとか。自分自身も働いて価値を高めて、それを分配する、その価値がある会社かどうかを判断するそうです。モノ言う株主のように、ただ口うるさく主張し金だけを巻き上げるのではなく、投資をする以上、自分のノウハウを提供して一緒に企業価値を高めていこうという手法が穐田誉輝さんの特徴です。だからこそ、カカクコムもクックパッドも、みんなのウェディングなども大きな成長を遂げています。ジャフコ時代から掲げており、ジャフコではそれを実行するのが難しかったために、アイシーピーを設立するまでに至ります。

菊川玲さんとの結婚など、プライベートでも幸せな生活が続いている穐田誉輝さん、投資に関しては至って真剣ながら、代表権を持たずに経営者を育てていくポジションで支えているのも大きな特徴です。日本の経済界をどれだけ支える存在になれるのか、穐田誉輝さんから目が離せません。

武田塾フランチャイズは儲かる!?オーナーの年収、塾の年商など細かくご紹介。

武田塾のコンセプトとして、授業をしない点が挙げられます。
どちらかといえば個別指導塾っぽい雰囲気ですが、参考書をもとに武田塾の中で自学を行い、その自学の内容を踏まえてアドバイスを送り、進捗管理を行っていきます。

武田塾では他にも武田塾メディカルなど多方面で活動をしており、集団塾や個別指導塾にはない魅力で勝負に出ているところです。

フランチャイズ展開も行っている武田塾、全国400教室以上になった原動力をまとめました。

武田塾の環境は勉強に最適!

https://img2.mypl.net/image.php?id=629679&p=shopi&s=490_740&op=

武田塾の教室内に入ってみると、自習を行う席1つ1つに仕切りがあり、勉強に集中できる環境が整えられています。
壁で仕切られている分、周囲の視線を気にすることなく、真剣に取り組めるほか、もし自習をしている中でわからないことが出てくれば講師へ相談を行うことも可能です。

武田塾の環境は勉強をする上で最適な環境であることは明らかです。
人によっては、自習をするのは気が散る、わからないことがあっても説明をしてくれる存在がいないから家でやるのは嫌だ、そもそも家で勉強をするなんてありえないと言ってしまう人が多い中で、この環境は最高です。

もちろん教室内は静かで、私語はほとんどありません。みんな真剣に、しかも、そこそこ高めの月謝を支払って参加している分、真剣そのものです。

武田塾の場合、いかに効率的に勉強を行っていくかをポイントに掲げています。参考書1冊をやり切れば成績は上がると考えているためで、イチから参考書を解いてもらって参考書の中身を完璧にするまでやってもらうスタンスをとっています。
授業はしませんが、わからないところは講師が教えるので、より具体的で、内容が入りやすい指導になっていく分、通い続ける効果は高そうです。

特訓にもコースがある

https://pakutaso.cdn.rabify.me/shared/img/thumb/AL205_white2320140830183644.jpg?d=350

武田塾の場合、こうした自学のことを「特訓」と呼びます。
特訓には4つのコースがあり、コースに応じて値段が変わるような仕組みになっています。

例えば、独学支援特訓では主に宿題のペース管理をメインにします。武田塾で宿題を出して、参考書を解いていくペース管理する形になっており、勉強はそれなりにできるけど、あまり家で学習はしない人に最適なコース、カリキュラムとなっています。

人は決断をするのが面倒で、決断をするのに労力をかけますが、武田塾ではその決断をさせず、武田塾側で提案を行うので決断がない分、負担が少なめです。
次に宿題確認特訓は宿題の管理ともう1つ、確認テストがくっつきます。宿題は確かにこなしているけれど、本当に実力は上がっているの?と確かめるものです。

確認テストともう1つ個別指導が加わるのが個別管理特訓です。授業をしない武田塾なので、個別指導といっても授業を行うわけではありませんが、参考書を踏まえてより細かい指導を受けられます。

この時、添削指導も行われるため、国公立大学の2次試験で登場する記述式問題への対応が行えます。これよりも上なのが徹底個別特訓です。
ここに加わるのは「義務自習」です。義務自習とは、この時間からこの時間までは絶対に自習に来るというもので、いわば強制的に武田塾に通って自習を行います。

どのコースにいてもサボることは許されませんが、徹底個別特訓だと余計にサボれず、費用もかかります。逆転合格を目指す場合には、徹底個別特訓がおすすめで、ここで偏差値30や40からの大逆転を果たした人も少なくありません。

これだけのことをしているわけですから、当然効果も出てくるようになります。フランチャイズ展開が全国展開されるのも納得で、これだけの管理を塾側がしてくれれば親も納得してお金を出すことでしょう。

武田塾はなぜ人気なのか

最近の学習塾は映像授業が主流になっており、地方でも映像授業を受けることで、東京など都市部の塾との格差を埋めようとする動きが出ています。

またタブレットを使った勉強など色々な動きも出ていますが、武田塾ではそのようなことはしていません。
むしろ全国各地に武田塾があることで全国どこでも武田塾メソッドが体感できるようになっています。
しかもやっていることは、参考書を完璧にしていくという単純なものですから、人気がなぜ出るのだろうかと不思議に思う人もいるはずです。しかし、このシンプルなやり方こそ武田塾の人気の秘密と考えられます。

結局、武田塾にお金を支払うのは学生の親で、月単価6万円と考えると、相当な金額です。これを納得させるのはなにかといえばアナログなやり方なのです。

例えば映像授業で格差を埋めることはできても、親からすればただただテレビを眺めているだけなのではないかと思いがちです。
放送大学など映像授業でも十分学ぶことができる媒体は多いですが、全員が全員その存在を知っているわけではないのです。ましてタブレットを使った勉強なんか、遊んでいるようなものではないかと親世代では考えがちです。
やはり勉強はハチマキを締めて鉛筆とノートで勉強を行い、母親が作った夜食を片手に深夜必死になって頑張るイメージを持っています。
当然そのイメージが古く、もっと効率的なものを探していくべきですが、武田塾で学ぶことは全てが効率的で、勉強の本質を突いたものなのです。だからこそ、全国各地で支持を集めていると考えられます。

本音でぶつかり合う学習塾

武田塾がすごいところは、すべてを包み隠さず、目の前の利益を度外視して、積極的にノウハウをぶつけていくところです。
例えば、武田塾に入塾相談に訪れた人に対し、普通なら営業をかけて囲い込もうとしますが、武田塾ではそのようなことをしません。自習自学に関するアドバイスを送り、ヒントを与えます。

そのヒントでその人の成績が上がればそれでいいと考えているのです。隠すことは何もない、ノウハウはすべて授ける、それが武田塾であり、その部分も人気を集める要素なのかもしれません。
そんなこともあってか、武田塾の講師は本音で生徒とぶつかり合い、生徒の事を考えた指導を行います。先生たちがとても熱い人が多く、宿題も何も全然取り組んでいない人がいれば当然喝を入れるでしょう。
月々6万円も支払う親御さんの気持ちを考えれば当然です。涙を流す生徒もいるかもしれません。それもすべては合格のためであり、そのことは生徒もわかっています。だからこそ、合格が決まれば泣いて喜びますし、先生の中には泣く人もいます。

武田塾の塾生たちがフランチャイズ

武田塾の歴史はまだ浅く、20年に届くかどうかという状態です。
現状ではフランチャイズで実績を残した人たちが参加をしている状況ですが、武田塾の塾生だった人たちがフランチャイズの一員になったり、武田塾の社員として働いたりするケースも出てくることでしょう。

武田塾の理念がわかる人が入ってくれば、より武田塾の存在感が全国で知られるようになります。武田塾のシステム自体は十分素晴らしいものです。
今後への期待感が高まるとともに、どれだけの校舎数になっていくのか、注目するところだらけです。

上村組社長上村憲司 こんな解体業者には要注意

解体工事は、解体工事業の登録もしくは許可により、請け負うことができます。そのため、要件さえ整えば一軒家の解体ぐらいであれば解体工事業の登録さえすればなんとか行えるようになります。実際、解体工事業を行う業者は驚くほど多く、4万、5万を数える勢いとされています。いわば消費者は解体工事を行う業者を選ぶことができるのですが、一方、現代にアップデートできていない解体業者も存在します。上村憲司さんが社長を務める上村組を参考に、こんな解体業者は気を付けるべきだという特徴をご紹介していきます。

見積りを嫌う

上村憲司


ネットを見ると、一括見積りを行えるサイトがあります。こうしたサイトでは、複数の業者から見積りに関する電話がやってきて、その中から選ぶことができるようになっており、電話が一斉にかかってくる分、面倒ではありますが、手っ取り早く相場を感じ取ることができます。相見積りを行うことは解体業者選びで失敗しないためにも大事ですが、この相見積りをよしとしない業者もいるようです。同時に、見積りだけをとり、結局そこを選ばないみたいなお客さんに対してもあまりいい考えを持っておらず、結果的に尊大な態度になってしまうことがあります。

上村憲司さんが所属する上村組のホームページでは、「解体工事は一品もの」と紹介されています。建物の構造などで費用が大きく変わるので、実際の現場を見ないと正確な見積りができないというわけです。そして上村組のホームページでは、どのような点を見積りにおけるポイントに挙げているのか解説しています。見積りを嫌う業者は到底生き残れず、上村組のように明朗会計を心掛けるような業者が生き残っていくことでしょう。業者によっては、一式料金として請求し、内訳を示さないところがありますが、消費者からの信頼を集めるはずがありません。

産業廃棄物のその後をほったらかしに

上村憲司

土地的に狭そうなところに建てられた一戸建てを壊す際には、重機が入れられない場合は手作業で行っていき、できるだけ騒音を出さないようにするのが、上村憲司さんが勤める上村組のやり方です。こうした解体工事で生ずるガレキは産業廃棄物として扱われ、廃棄することになります。この産業廃棄物の廃棄に関して解体業者が面倒を見る場合と別の業者に委託して廃棄してもらう場合などがあるのです。その際、別の業者に委託してそこから先のことは全部その業者に任せっきりにして、その後に不法投棄をされても知らんぷりをしてしまう業者が存在します。

上村憲司さんが務める上村組では、産業廃棄物管理票(マニフェスト伝票)の写しをもらうことができます。マニフェスト伝票とは、ガレキなどを出した事業者が廃棄を業者に委託する際、伝票に記入事項を漏れなく書いて産業廃棄物の廃棄に責任を持つことができる書類です。これがあることで、委託契約通りに捨ててもらうことができ、万が一契約通りに捨てなければ責任が相手側に生じることになります。消費者側がマニフェスト伝票をもったところで、それが何かしらのメリットを与えるものではありませんが、家にあった残置廃棄物を一緒に捨ててもらう際、自分たちが使っていたものが不法投棄される事態を防ぐことができるのです。上村組ではこのようなサービスを始めて7年程度が経過しますが、それだけ意識を高くして臨んでいることを意味します。

クレーム対応がなっていない

上村憲司

住宅地で解体工事を行うと、住宅が密集している中で解体工事を行うことになります。そのような状況ですから、できる限り音を出さないで解体工事を行おうとしても結局騒音が発生してしまい、クレームが入ってしまう場合があるものです。最大限クレームを出さないように注意を払うもそれでもクレームが生じてしまうことがあります。この時に、自分たちはやるべきことをやったと開き直っていると余計にこじれてしまいます。クレーム対応がなっていない業者は、何かしらの作業でクレームにつながるような振る舞いをしてしまっていることが言えそうです。

上村憲司さんが勤める上村組の場合は、騒音対策やホコリ対策に力を入れ、少しでも騒音を出さないようにし、近隣住民に迷惑をかけないようにしようとします。この姿勢がある以上、万が一クレームが発生してもそれを改善する対策を立てようとするものです。上村組ではコンプライアンス委員会を立ち上げており、正々堂々と商売を行っていくため、コンプライアンスにかかわることをどんどん提示し、改善しています。

まとめ

解体工事はただ壊せばそれでいいと考えやすく、大した対策を立てず、騒音が出るのは当たり前、土埃が舞うのは仕方ないことだと言い切って特に対策を立てないケースもあります。これでは信頼を勝ち取ることはできません。そして、いい解体業者とは言えないでしょう。上村憲司さんが勤める上村組のように、細かなことにも目を向けて周囲に迷惑をかけないようにする姿勢は、解体業者として優良企業と言うべきでしょう。

森田香央里アシストマーケティング代表が考える、効果が出ないインターネット広告

電通が発表した2020年日本の広告費という調査では、新型コロナウイルスの影響で前年比の90%程度に落ち着いてしまいました。その一方、インターネット広告に関してはプラス成長を続けており、広告費というカテゴリーでインターネット広告が存在感を見せていることは明らかです。新聞や雑誌、ラジオなどの広告費とインターネット広告費はほぼ同列になっており、今後既存メディアを脅かし、既存メディアの衰退を顕著にさせる可能性も見えてきます。しかし、アシストマーケティング代表を務める森田香央里さんは、効果が出ないインターネット広告もあると警告を発しています。

効果が出ないのは、運用する側の責任

f:id:syacyou:20210514193740j:plain

森田香央里さんは、インターネット広告で効果が出ないのは運営する側の責任であると解説します。効果的にインターネット広告を出していけば間違いなく効果はあり、それによって業績を高めることができます。一方でインターネット広告を出しているのに効果がないとすれば、適切な形で広告を打てていないことを意味します。特に森田香央里さんが苦言を呈する部分は、予算が不足することです。そもそもインターネット広告にどれだけの費用がかかるのかを、広告を運営する側はよくわかっていないのが実情です。

インターネット広告でとても有名なのが、検索結果に表示されるリスティング広告です。このリスティング広告では、1回クリックされるごとにいくらか費用が発生するようになっており、完全成果報酬ならぬ、完全成果費用です。そして、森田香央里さんがポイントに挙げるのが1日に使う予算です。この予算が少ないと早々にクリックされてその後表示されなくなる恐れがあります。例えば、1回のクリックで100円かかるとして、1日1000円の広告費をかけたとします。すると10クリックをされた時点で広告は表示されなくなります。もしクリック単価が高騰して1回200円になれば、5クリックの時点で終了です。当然これでは満足のいく成果は出にくいと考えるのが普通です。

「ターゲット」を絞り込めていない

f:id:syacyou:20210514193813j:plain

森田香央里さんがもう1つ懸念点として挙げるのが、ターゲットの問題です。インターネット広告は、配信エリアを特定することができます。その絞り込みは自治体単位や店からの半径など色々な設定方法があります。インターネット広告の種類によっては都道府県単位になりますが、リスティング広告であれば特定のエリアに住む人だけに絞り込みが行えるというわけです。その地域にはその地域なりの需要、ニーズがあります。近くにコンビニがなければコンビニを求め、飲食店が少なければチェーン店を求めるように、その地域ならではの需要は必ず存在するものです。どこに住む人たちの需要をキャッチしたいのか、そこまでのことを考えて運用をしているのかどうか、今一度考えるべきだと森田香央里さんは考えます。

またサービスを利用する年代もそれぞれのサービスで変わります。例えば20代の人を集めたい場合に、どう考えても20代の人が少なそうな地域に広告を行っても、効果が出ないのは目に見えています。サービスを利用する年代、どの年代の人に利用してほしいのかを設定し、その中で特定の年代が多くいそうな地域をピンポイントで狙うことで、たとえ広告費を多くかけれなくても効果が出ることがあります。

結局自分たちの強みがわかっている人が成功する

f:id:syacyou:20210514193838j:plain

インターネット広告で成功する人、会社は基本的に自分たちの事が分かっていることがほとんどです。強みが全く分からない中で闇雲に広告を打っても当然意味はなく、成果も上がらないでしょう。しかし、自分たちは何を求められているのか、どのエリアの人が求めているのか、何をすれば反応をしてくれるのかなどの研究が進んでいけば、当然クリックはしてもらえます。そして、お金をどんどんかけていけばリアクションはおのずと高まっていくことでしょう。

森田香央里さんは、自社でインターネット広告を打つ際に、リサーチを徹底します。このリサーチは相手側の申し出とは別に行い、相手側の企業が見ていなかった部分を可視化し、より具体的な計画に仕上げていくことができます。そして、お金を惜しまずどんどん広告費を投入することを勧めるのです。広告宣伝費は会社の経費であり、決算時期に税金の兼ね合いもあってこぞって投入するケースがありますが、みんなで決算時期にやれば当然クリック単価も高まりやすくなります。目先のお金を狙いに行き、結果的に失ってしまうのであれば、効果的なタイミングでドカンと入れた方がチャンスは出ると森田香央里さんは力説します。2兆円以上の産業になったインターネット広告の世界、だからこそ、限られた予算をいかに活用するかが問われており、それを実現させるのは運用側の工夫次第なのです。

柴垣敏久 株式会社AtOff社長 大食い番組はいずれ朽ちると思うワケ

Webマーケティングを生業にする株式会社AtOff(アットオフ)で代表取締役社長を務めている柴垣敏久さんは、飽食の時代に対して警戒心を持っています。最近バラエティー番組では大食い番組が増えており、いわゆる「デカ盛り」と呼ばれるインスタ映えを意識したかのような大食いメニューが登場し、それを平らげる姿が放送されているのです。この状況に対して、柴垣敏久さんは、食べ物を冒涜しているのではないかと強い怒りを覚えています。

 

大食い番組には食べ物へのありがたみがない

f:id:syacyou:20210317141358j:plain

柴垣敏久さんは戦時中を生き抜いたわけではなく、食べるものに困らなかった時代を生きてきました。しかし、幼少期は常に食べ物が余っていたわけではありません。お腹いっぱいになるまで食べられるわけではなく、両親が多少我慢してでも息子たちに食わせたいという意識を感じ取ったようです。だからこそ、ご飯を残すなんてことは信じられず、間食もほとんどせず、三食をきっちりと食べることも親孝行の1つであると柴垣敏久さんは考えました。

その一方、大食い番組ではこのあたりのリスペクトが何1つ感じられないと語ります。食事は何のためにするのかといえば栄養バランスをしっかりと蓄えるためにあり、健康を維持するために必要なことです。なので、健康を維持する程度に食べればそれでよく、それ以上に食べることは贅沢でしかないと柴垣敏久さんは考えています。柴垣敏久さんの食卓を見ても、必要以上には食べず、腹八分目を意識した食生活が垣間見えます。生きるために必要な分だけを食べればいいではないか、そんな考えを持つ人にとって、大食い番組がおかしく見えるのは仕方のないことなのでしょう。

 

自分ができないことをやってほしいと願う心理

f:id:syacyou:20210317141408j:plain

大食い番組は昔から根強い人気があり、ブームの波こそあれど、どこかで人気に火が付けば地上波テレビでもたくさんの番組で大食いを取り上げるようになります。特に最近はYouTubeやインスタグラムの存在が大きく、そこで大食い人気に火が付き、一定の人気を維持する状態になっています。柴垣敏久さんはWebマーケティングの観点から、なぜ大食い番組が人気なのかを考えているのですが、その時に浮かんだのが、「人にできないことを他人がするのを見てスカッとする人の存在」です。

YouTubeを見ていると、YouTuberがお金をかけて大人買いをしてみたり、子供の時に憧れていたことを実現させたり、常に見る人をワクワクさせることをします。ほぼ9割以上の人は、フードファイターと呼ばれる人の食べ方はできませんし、1日でもそんなことをすれば胃がやられてしまいます。自分にはできないことをいとも簡単にやり遂げる、それが大食い人気を高いレベルで維持させる要因と考えられます。また、淡々と料理を食べる人を見ているだけで幸せに感じる人もいるようです。柴垣敏久さん的には、大食いは食べ物へのリスペクトを欠いた行為だと腹立たしく考えていますが、Webマーケティング的には、人ができないと思う事を簡単にやってのける人物へのリスペクトが強いことに関心を示します。

 

スマートに生きることがカッコイイ時代は来るはず

f:id:syacyou:20210317141417j:plain

柴垣敏久さんは、今後の展望としてスマートに生きることがカッコイイと思われる時代はやってくるはずだと、Webマーケティングの仕事をしていく中で感じ取ったそうです。その代表例がミニマリストと呼ばれる人たちへの称賛です。ミニマリストは必要最低限のものしか持たない人たちで、ミニマリストの部屋をのぞくとあまりにも殺風景で、寂しさすら感じさせます。物質的な幸せから脱却しようとする姿は憧れを持たれても、自分ではなかなかできないことです。だからこそ、自分にはできないことを簡単にやってのける姿に称賛が集まるというわけです。

スマートに生きることがカッコイイ、それは大食いからの脱却を意味します。必要最低限なものを食べる、たまに間食を行って栄養補給を行う、こうした食生活もいずれ称賛されるはずです。現に1日1食しか食べないという人も増え、1日1食でのダイエットや健康法なども多く出てきています。まだ多数派ではありませんが、大食い番組が多くなってきている状況から間違いなく反動はやってくるため、そのような時代は訪れます。

柴垣敏久さん自体は食べることが嫌いなわけではなく、必要な分だけ食べればいいではないかと考えています。そのため、1日1食で本当に大丈夫なんだろうかと疑問に感じるのだとか。たまに断食を行い、毎日食事ができることのありがたみを柴垣敏久さんは感じており、いずれ1日1食でも問題がないと感じられたらいいなと願望を抱いているそうです。

武内製薬の武内左儒。シリンジ法キット、ハッカ油、ハンドジェルなどの製造、販売を行う企業に注目。

世のため人のために役立つものをどんどん作っていく、それが企業としてのあるべき姿と言えます。2013年に創業され、8年にわたって、まさに世のため人のために役立つものを作り続けてきた会社があります。武内製薬株式会社です。その武内製薬株式会社の創業から携わり、自らも代表取締役社長として陣頭指揮にあたっているのが武内左儒さんです。武内左儒さんがどのような人生を歩んできたのかを知るだけでなく、武内製薬株式会社がどのようなものを作り続けてきたのかをチェックします。

■武内左儒さんのユニークな経歴

f:id:syacyou:20210127152711j:plain

武内製薬株式会社の武内左儒さんの経歴をご紹介すると、武内左儒さんは1984年3月8日生まれ、今年37歳です。いわゆるアラフォーの年齢に達しており、まさに今から脂に乗ってくるような年齢ですが、武内左儒さんが武内製薬株式会社の前身にあたる企業を創業したのが、2013年、武内左儒さんが29歳の時です。この当時、ブラジリアンワックス脱毛がまだ一般的ではなかった時代に、ブラジリアンワックス脱毛の専門店を立ち上げて、運営を行う仕事を始めます。その後、商材の製造販売として株式会社リピカが立ち上がり、その製造部門を子会社化したのが武内製薬株式会社です。常に武内左儒さんは先頭に立ち続け、会社の規模を大きくしてきました。

そんな武内左儒さんのチャレンジャー精神は今に始まったことではありません。広島県出身で、広島県で生まれ育った武内左儒さんでしたが、とある理由で高校を中退します。その後地元広島から東京へ上京し、フリーターとして生計を立てます。そんな中、何かしらのきっかけがあって早稲田大学法学部に入ります。大学受験のためには大検が必要ですが、これを取得し、改めて受験をして25歳で大学生になりました。それだけにとどまらず、2011年には新宿区議会議員選挙に立候補し、惜しくも当選とはなりませんでしたが、そのチャレンジ精神はいかんなく見せており、片鱗を見せていました。

■武内製薬株式会社が作り出す商品の数々

f:id:syacyou:20210127152724j:plain

熱い気持ちで武内製薬株式会社を引っ張っていく武内左儒さんですが、これまでに武内製薬株式会社、株式会社リピカで作り出した商品には色々なものがあります。美容雑貨のカテゴリーに入るものでは、ひげ剃り後につけるローションがありました。こちらは抑毛効果がある成分を配合しており、髭剃りの後に塗ることでツルツルスベスベの状態を長く保てるという代物であり、男性の美を考えるような商品となっています。こうした男性向けの化粧品、男性向けの美容雑貨は結構多く、男性が使う脱毛キットも登場し、これに関しては通販だけでなく全国の薬局などで販売され、実際に実物を手にすることができます。

メンズゴリラシリーズの中にはウォーマー付きハードワックスキットがあり、自宅で本格的なブラジリアンワックス脱毛ができるというものです。実際にブラジリアンワックス脱毛のサロンで使用しているものと同じものであり、見た目にオシャレな作りになっています。もちろん女性向けのブラジリアンワックス、デオドラントクリームなど日本で作られた製品ばかりです。ブラジリアンワックス脱毛を運営し、その商材を作る会社だからこそ、安全性に配慮し、安心設計なものを世に送り続けられるのです。

武内製薬株式会社という名前だけあって衛生的な商品も多く、ハッカ油のスプレーやハンドジェル、ノンアルコールジェルも製造販売しており、安全性に定評があります。

武内製薬株式会社が送り出すシリンジ法キット

f:id:syacyou:20210127152736j:plain

これまでは美容雑貨などを多く手掛けてきた武内製薬株式会社ですが、最近になって登場したものに、シリンジ法キットなるものがあります。シリンジ法キットとは、妊活を行うカップルにありがたい代物であり、性行為なしで自然な形で受精を試みることができるアイテムです。注射器が中にあり、精液を吸って、それをカテーテルを通して注ぎ込む形になっています。妊活では女性の排卵日などに応じて体外受精、人工授精を行いますが、そのプロセスを守りながら、実際に妊活を行えます。人工授精などは結構な費用がかかりますが、シリンジ法キットを使えば1回につき500円未満にできるのが特徴です。

チャレンジ精神あふれるアクションを取り続けてきた武内左儒さんからすれば、このような商品を作り出し、実際に販売することで、世のため人のためになっていると実感していることでしょう。

まとめ

武内左儒さんのこれまでの経歴や、株式会社リピカや武内製薬株式会社の一連の流れを知ることで、より武内製薬株式会社だけでなく、武内左儒さんに対する興味がわいてきたことでしょう。業界向けのイベントでの出展ブースにも武内製薬株式会社は出展し、多くの商品を紹介しています。新型コロナウイルスによって衛生的な商品に注目が集まる中で、どんな新しい商品を今後生み出してくれるのか、要注目です。そして、シリンジ法キットがどれだけ浸透していくのかにも注目せずにはいられません。

あえば直道(一般社団法人JCU議長)とアメリカとの関係とは!?

アメリカ大統領選挙がいよいよ11月3日に投開票されます。本来であればアメリカ大統領であるトランプ氏が圧倒的有利のはずが、現状は民主党候補のバイデン氏がリードしていると報道されています。しかし、日本やアメリカのメディアがバイデン氏を持ち上げているだけで実際はトランプ氏が有利であると主張する人がいます。それが一般社団法人JCUの代表理事を務めているあえば直道さんです。あえば直道さんとはどのような人物なのか、ここでは生い立ちの部分を中心にご紹介します。

 

あえば直道さんとは

f:id:syacyou:20201031163156j:plain

 

あえば直道さんは1967年1月5日生まれ、現在53歳で、神奈川県横浜市の出身です。1967年といえば公害問題が徐々に公になっていくなど、日本の経済成長とその弊害が段々と浮き彫りになっていく年です。あえば直道さんの父親は、司法試験に合格して間もない時期だったそうです。あえば直道さん曰く、あえば直道さんの母親のお父さんに金銭面などの援助を受けて、それで司法試験にチャレンジし、なんとか弁護士に向けての道が開いたという状況です。あえば直道さんといえば物事の本質を鋭く捉えて、それを理路整然と、心の中では熱く語るスタイルが特徴的ですが、このスタイルになったのはあえば直道さんの父親の影響があるのかもしれません。父親は何かとパワフルだった方で、当時はまだ注目されていなかったプライバシーの権利に注目して、結果を出していきます。
他の人が注目してこなかった分野に目をつけて成功したあえば直道さんの父親ですが、息子に対してある言葉を贈ります。それは使命にちなんだ言葉です。自分には使命があり、それはおまえにもあるはずだと語りかけます。その使命を人生で探し出せ、あえば直道さんの父親はそのように問いかけたのです。しかし、この言葉を最初から肝に銘じ、心の中に刻み込んでいくようなことにはなりませんでした。

 

あえば直道氏に待っていた試練

あえば直道さんは幼い時から多少スパルタな環境で小学校受験、いわゆるお受験を行っていました。やれることはなんでもやるという勢いでお受験に参加した結果、あえば直道さんは慶應義塾幼稚舎に入ります。小学校、中学高校、大学とすべてエスカレーター式で上がっていけるのが慶應義塾のいいところであり、元々慶應ボーイだったOBたちがこぞって子供を慶応義塾幼稚舎に入れようとします。あえば直道さんの両親が慶應義塾大学の出身かどうかは定かではありませんが、学歴がとても大事であると判断したのかもしれません。その結果、親の期待に応える形で慶應義塾幼稚舎に入ったあえば直道さんでした。しかし、ここからがあえば直道さんにとって苦難の道のりの始まりだったのです。
立派なところにあればバラ色の未来が待っていると普通の人は感じますが、実際に入ってみると同じようなレベルの人が一堂に会するわけです。つまり、高いレベルでの争いがスタートしたに過ぎないのです。しかも良血な人が多く、苦労してなんとか積み重ねてきた叩き上げのような経歴の父親や少しおっとりとした性格の母親の間に生まれた、ごく普通な少年が対峙するには相手が悪かったという側面があります。自分はこの中では全然だめだと早々に自信喪失の気分を味わいます。どうせ自分は何をやってもダメだ、そのように感じたせいか、運動もできなければ勉強もできないという、いいところなしの状態に追い込まれます。
この頃のあえば直道さんはおそらく今までの人生の中で一番怠惰な時期だったのかもしれません。なにをやってもうまくいかない、自暴自棄のような状態だったこともあり、ストレスで食べて太ってしまい、勉強の予習も復習もする気がない有様でした。そして、テレビをずっと見ているような生活習慣では、なにもうまくいかないのは仕方ないでしょう。
中学に入ってもこの傾向が変わることはありませんでした。一応中学は弓術部に入ります。あえば直道さんは戦略的な考えを持つ部分がありますが、この時期に既にその片鱗が見えていました。中学時代に弓道をやっている人間はあまりいないはずで、この時代に弓術を始めれば劣等感に苛まれるようなことにはならないという読みがありました。これもあって中学時代に弓術部に入ります。そんな中学時代もあえば直道さんには厳しい時期で、この時は退学などもチラついたそうです。それだけ何をやってもうまくいかず、中学受験の組にも早々に抜かされていく構図になっていました。
高校に入ってからも展開は同じでしたが、変化があったのは弓術部です。元々劣等感に苛まれないようにするために弓術部を選んだあえば直道さんですが、高校に入ると事情が大きく変わりました。慶應の高等部における弓術部は大変な強豪校で、インターハイなど学生の大会では常に存在感を見せるようなところだったのです。当然そのようなところは練習をみっちりと行うような場所なので、これまで本腰を入れてやってこなかった分、辛い思いをするようになります。高校までは一事が万事そんな調子で、何もかもうまくいかないような状況が続きました。

 

変わるきっかけ

f:id:syacyou:20201031163228j:plain

 

しかし、そんな状況を変えてくれた存在がありました。それが両親の祖父です。なかなか自分の存在を自分自身では認めにくい状況だった中で、あえば直道という存在を認めてくれたのが両親の祖父でした。そんな両親の祖父、父方母方共に同時期にこの世を去ってしまいました。自分の味方になってくれるであろう人たちがいない、このことはあえば直道さんにかなり重くのしかかったはずです。皮肉にもこの状況があえば直道さんの今日まで続く大躍進のきっかけを生み出します。両親の祖父がいない状況に対してあえば直道さんは、どこかで必ず見守ってくれているはずだと考えたのです。もし怠惰な姿を祖父たちが見ていたとすればどうか、そのように考え始めた時、あえば直道さんの中で何かが変わります。
雲の上で自分の事を見守ってくれている、そのために悪いことはできない、そして運命は変えられるのだと考えます。そしてこの時、父親があえば直道さんに授けてくれた使命という言葉が浮かび上がるのです。使命に目覚める、そうすれば人生は変えられると知り、そのように考え方を変えていきます。祖父たちが亡くなり、意を決して弓術に取り組むことになったあえば直道さんは、ひたすら練習を重ね、上達に向けた努力を行います。最初のうちはなかなか結果が出ませんでしたが、努力は必ず報われると言わんばかりに一気に才能が開花します。結果的に新人戦にチャレンジして4位に、その後、20本すべてを命中させることに成功するなど、今までとは違う一面を周囲に見せつけるようになります。

 

まとめ

f:id:syacyou:20201031163308j:plain

 

映画に出てくるヒーローのような挫折からの巻き返しがここから始まり、周囲を驚かせていきます。あえば直道さんは何もない状況でアメリカに渡り、一から信頼関係を構築していき、共和党の肩書きを持つまでになります。もがけばどうにかなる、そのがむしゃらな気持ちがあるからこそ異国の地で活躍できるまでにつながったのかもしれません。トランプ大統領もどちらかといえば苦労人で、相当大変な思いをしたそうですが、あえば直道さんは自分が経験したことをトランプ大統領のそれと重ね合わせていてもおかしくはないです。人間味がある証拠であり、情緒的な部分を持ち合わせているからこそ、そのようなことができるからです。